「下手になる」とは「決められなくなる」ということ

僕のキャリアのスタートはデザイナーです。
ただ、最近はプロダクトマネジメントに集中しているので、デザインという形のアウトプットは久しくやっていません。

なのに「LPくらいならあっという間に作れる」と謎の自信があったのです。

そんな中、プライベートでLPを作りたいシーンがあり、実際に取り掛かってみたのですが、これが全く上手くいかない。

ツールの使い方が わからない / 使いにくい わけではないのです。

確かに初めて使うツールだったのですが、よく出来ていたツールだったので、かえって使ってて楽しく感じるくらいでした。

それなのに完成しない。
「デザインが下手になったのだ」と、その時はがっかりしました。


少し時間が空き、仕掛品を再度見てみることに。
そして気づきました。あのとき自分は「決められなかった」のです。

仕掛品を確認してみると「できること」の他に「やってみたいこと」「まわりで流行っていること」を、たくさん試した痕跡がありました。

しかし、何をどうすれば良いかが決められなくなっていたのです。

何か決めるためには基準が必要です。
基準が有用なものであるためには、インプットとアウトプットと振り返りを繰り返して、絶え間なくアップデートしなくてはいけません。

であれば現在プロダクトマネジメントに集中している自分が、デザインの決定基準が鈍っていたのは、いわば必然です。

「自分が決める対象を変える」「自身の基準をアップデートする対象を変える」と決めた結果なのですから。

今後も自分は何かが下手になるのでしょう。
そのときに「代わりにこれが得意になった」と思える自分でありたいものです。